更新履歴

介護の現状

介護の現場では今人が不足しています。日本は高齢化社会を迎え、今介護の現場は多くの人材を必要としているのです。色々な手段で人材確保を図っているのですが、それでもなかなか人手不足は解消されないので、介護業界は社員やパートを集めるために、給与を上げる必要があります。そのため今後次第に介護職の給与は高くなります。
今は大して高くない給与ですが、次第に上がっていく可能性が高いのです。

介護の仕事というのは、施設の利用者の生活のお世話をする仕事です。利用者の方と仲良く接しながら、食事のお手伝いをしたり、排泄が出来るよう援助したり、入浴の手助けをしたりします。また利用者の方と雑談することも非常に大切な仕事です。仕事ということですが、仲良くしていれば利用者の方が好きになり、自然とこちらも話したくなるので、仕事だと考えなくても自然と話せるようになります。
利用者の方と親密になってくると、すぐに楽しくなる仕事です。

もちろん楽しいだけの仕事ではありません。たとえば入浴の援助をするには、利用者の方の体を動かすため、体力を使う必要がありますし、その他の仕事でも体力をよく使います。そのためそこそこの体力がないと働くのは大変かもしれません。
また自分が風邪などをひいてしまって、利用者の皆様に感染させてしまってはなりませんから、自分の健康管理もとても大切になります。これらのように大変なこともありますが、利用者の方のお世話をしていると、家族のように感じられてきますし、利用者の方が笑顔になってくれるだけで、とても幸せな気持ちになれることが、介護の仕事の素晴らしいところです。

自分が誰かの力になれる喜びと、人に感謝される喜びを噛みしめながら、幸せに仕事が出来るのが介護の仕事です。
大変だとしても、それ以上の喜びがある介護の仕事を是非やってみてください。介護の仕事はネットなどに豊富に求人が記載されていますので、介護職にチャレンジしてみましょう。